令和3年(2021)度 前期活動(7月1日~12月31日)

 

令和3年度(2021)前期予定/実績

7月15日(木)緊急事態宣言により中止 

8月8日(日)全日本プロバス協議会 五所川原総会(中止 4/23)

9月18日(土)東京光の家チャリテイコンサ-ト

10月2日(土)ひのよさこい祭り

10月15日(金)日野PCコンペ

 

 

 

 

 令和4年度(2022)

 11月24日(木)全日本プロバス協議会 第10回総会 13:30~19:30 京王プラザ八王子  

 

 

  

コロナによる例会中止月

元年度後期 2020年 3月、4月、5月、6月

2年度前期 2020年 8月、9月、12月

2年度後期 2021年 1月、2月、3月、5月、6月

3年度前期 2021年 7月、8月

  

 

 

 

 

 


例会 8月19日 緊急事態宣言により中止


例会 7月15日 緊急事態宣言により中止


令和3年度 日野プロバスクラブ  澤田研二 会長  挨拶

 

スロ-ガン

    喜べば、喜び事が 喜んで 喜び集めて 喜びに来る

方 針

1 コロナ禍の収束状況を見極めながら、安全で無理のないクラブ活動を目指す。

2 当初の計画から3年越しとなっている「創立十周年岐南行事」は年度内で終結 

  する。

3 クラブの目標は、「喜びと、楽しさと、穏やかに」とし、この3点を一体化し

  て無理のない活動を行う。

 現 況

昨年2月から日本に上陸した、新型コロナウイルスの猛威は未だ衰える兆しは全くなく、むしろ今後も更なる猛威が心配される。これまでも様々なところで図りしれないほどの影響をもたらしている。当クラブに於いても、毎月の「例会」や各委員会が企画した行事がことごとく中止になってしまっている。令和元年度の「例会」は後半4かいが中止、令和2年度も8回の「例会」が中止となっている。そして、各委員会の諸規格、諸行事もほとんど中止という実態です。

コロナ禍に種々の実態をそれぞれの単位でみても

① 日野市の感染者11,500人を突破(6月1日)

② 日本の感染者74万6000人超(6月1日)

③ 米国の感染者3,300万人突破し、死者も59.5万人(6月1日)

④ 世界の感染者1億7,000万人、死者の数も360万人

 以上の実態であり、加えて経済面でも多大な影響をもたらしている。

最新の報道によると、2020年度のGDPが2008年のリーマンショックを上回るマイナス4.6%(記録上最悪)加えて、2021年度の1ー3月期は前期比1.3%減で年換算率で5.1%と戦後最悪の予想である。このような予想を踏まえ日野プロバスクラブのメンバ-としてコロナに「かからない」「移さない」を合言葉にして2021(令和3)年度の日野プロバスクラブの目標である「喜び・楽しさ・穏やか」の三点が一体となるような活動で、クラブの活性化を実現したいと思います。

 

                         令和3年度 日野プロバスクラブ会長 澤田研二