※ とりあえず、一応できる範囲で体裁を整えました。担当の方の投稿(写真・コメント)を待って差し替えます。

 活動の紹介

※ 閲覧:この頁はデータ量が多いので、マウスのホイ-ルボタンではなく、右のスライダ-のドラックが早いです。

 

1 研鑽・親睦


① 例  会  (各月第3木曜日 高幡不動尊客殿2階)

例会は、当クラブの中心的な会合で、例会委員会の計画により、毎月第3木曜日、高幡不動尊客殿2階において開催しています。ともに昼食をとり、部外講師を招き、また会員相互に、自分の体験、心情を話したり、聞いたり、特技を披露したり、歓談して相互の研鑽・親睦を図っています。又、クラブ運営の在り方・改善の議論、各委員会(5委員会:例会・地域奉仕・情報・会員・研修)の活動報告等が行なわれます。会員は、全員がいずれかの委員会に所属し、年度計画に基づき、それぞれ活動してまいす。所属は本人の希望に基づき毎年変更されます。

② 研   修

会員の研修は、研修委員会の計画に基づき実施しています。最近の主な研修は、26年度:ゴルフ同好会との合同企画による済州島研修、27年度:村瀬彰吾氏を講師にお招きしての日野宿交流館研修、28年度:国立西洋美術館、旧岩崎邸、横山大観記念館研修を行いました。

29年度は、土方歳三の函館五稜郭での最後をテ-マに函館研修を計画しています。また部外講師として、日野市長、高幡不動尊貫主、その他にもおこしいただいています。

写真は、26年度の済州島研修の様子です。

 

2 地域奉仕


ひのまちおこし協議会への支援協力

「新選組祭り」「ひのよさこい祭り」「もみじ灯路」は、ひのまちおこし協議会の主催する主要なイヴェントです。当クラブもその後援組織として、平成24年から会長が団体役員となり、クラブとしてこのイヴェントに協力支援しています。

③ 「新選組祭り」

昭和63年、土方歳三の位牌が安置され、かつ菩提寺である高幡不動尊大日堂の改修を祝う落慶法要の一環として、「ふるさと日野まつり」が始まりました。平成10年、市制35周年と土方歳三没後130周年を記念して、「ひの新選組まつり」と名称を変え、現在に至っています。 開催日は、土方歳三の命日に合わせ、毎年5月第2土曜日曜に行われます。隊士コンテスト、出陣式、法楽、市内パレ-ド等多くのイヴェントが実施されています。会員も、隊士その他として参加しています。 

「新選組祭り動画」

④ 「ひのよさこい祭り」

「よさこい踊り」は、平成13年8月、日野市商工会夏祭りと同時開催で第1回目が開催されて以来、その回を重ねるごとに規模も拡大し、50あまりの団体が参加し、1000名を越える踊り子さんが参加する大イベントとなりました。市内はもとより市外で開催される各種イベントに引っ張りだこで、日野市には欠かせない重要なパフォーマンスとなっています。当クラブからは、踊りを終わった皆様への慰労のための給水支援等に会員が参加しています。

   

⑤ 「もみじ灯路」

 もみじ灯路は、京王線高幡不動前の商店街で、約3千個もの灯籠を道路に並べて灯し、街灯や店舗の照明を落として、秋の街の雰囲気を楽しもうとするイベントです。平成18年から始まり、今年で12回目となります。(H29) 不動尊行事「万燈会」(まんどうえ)と開催日を併せて実施されます。平成22年年には、日野市まちおこし連絡協議会の主催となり、来場者数は、「万燈会」と合わせ約4万人にとなっています。クラブからも灯籠の設置・撤収等の支援をしています。(もみじ灯路 後援会長(H29)の小林昭冶氏は、当クラブの会員でもあります。)


⑥ 社会福祉法人 東京光の家「光バンド」支援

東京光の家『光バンド』(結成当時は「正秋バンド」)は、平成元年6月、リーダーである高橋正秋を中心に5名でスタートしました。 メンバーも次第に増え、平成28年度(2016年度)現在11名が在籍しています。 結成後四半世紀以上が経過した現在も、日本全国各地で年間10回以上のコンサートを開いています。(光の家HPより)。その後援会には、当クラブからも多くの会員が参加しています。写真は、29年度「愛のサウンドフェステイバル」の風景です。(ひの煉瓦ホ-ル) 当事業の後援会長(H29)である澤田研二氏(写真:リボン)は、当クラブの会員でもあります。

⑦ 社会福祉法人「夢ふうせん」支援

それぞれ20年以上の活動実績を持つ市内の3障害者支援団体が、日野市の応援を受け、2007年に大合同して社会福祉法人「夢ふうせん」を設立しました。開所10年目には別棟も増築され、利用者定員105名に拡充されています。その理事長にプロバス生みの親の一人である安西初代参与(飛火野ロ-タリ-よりの設立準備委員)が就任されたのを機会に、日野プロバスの支援活動が開始されました。当初はバザ-商品を数多く寄贈していましたが、バザ-が縮小されたので昨今は寄付金の贈呈を行っています。写真は、山本会長(当時)から湯口理事長への支援金贈呈、別館増設式典、夢ふうせんの皆様の仕事ぶりとその製品です。

(写真:「夢ふうせん」HPからi一部転載)

⑧「 日野市・健康吹き矢サ-クル」設立/準備中


                    「日野市健康吹き矢サ-クル」 規約

 

 

東京日野プロバスクラブ  

日野市・健康吹き矢サ-クル

 

 

1.目 的: 本サークルは、「健康吹き矢」を通じて、明るく楽しく、会員相互の健康と親睦を深め、地域社会に貢献することを目的とし、団体名を『日野市・健康吹き矢サ-クル』とする。

 

2.役 員: 円滑な運営を図るため、以下の担当を設ける。

       担当の任期は1年とし、再任は妨げないものとする。

       (1)会長1名 (2)幹事1名 (3)事務長1名 (4)庶務係1名

 

3.活 動: 目的のために以下の活動を実施する。    

 

       (1)練  習: 練習は原則として月1回、毎月第3木曜日、例会終了後14:4516:00(高幡不動尊 客殿2F

    ①練習方法:競技用(まと)で基本練習を行う。

    ②採点目標:・20点以上  ・競技を実施

    ③「日野かがやき吹矢クラブ」(市民の森ふれあいホ-ル)で、練習

 

       (2)行事参加: 地域及び各種団体からの要請による行事参加。

               ①地域関連:日野台サロン「にこにこカフェ」他  

               ②教育関連:ひのっち旭ヶ丘滝合豊田南平7

 

        (3)活動展望:  ①今年度は、地域奉仕委員会が主体となり活動する。 

 ②来年度以後は、東京日野プロバスクラブの地域奉仕活動

の一つとして実施出来るようにする。

 ③吹き矢インストラクタ-資格取得(公認インストラクタ-検定)

  ・行政が行っている施設で指導員になれます。

  ・「吹き矢教室」が開設出来ます。

 ④他団体との共同活動

  ・日本吹き矢レクレ-ション協会

  ・東京日野ロ-タリ-クラブ

  ・東京飛火野ロ-タリ-クララブ

 

4.活動費: ・収入: 会費:1,000円(年額) 活動補助金 10.000円(年間)

       ・支出: マウスピ-ス代(個人用100円) 吸盤矢セット代他(消耗品)

 

5.役割分担: 会 長 吹き矢サークルの代表としてのまとめ役。

        幹 事 会長を補佐する。 毎月の記録と練習案内など。

        事務長 会の運営費に関する収支全般

        庶務係 会場手配、用具準備関係など


申し込み 連絡先:林   良 健

                          TEL 090-2656-1936 Email haya44@office.email.ne.jp

         FAX 042-585-7847  


 「浅川クリ-ン作戦」への参加  当クラブ創設以来、参加しています。(仮)  

⑩ ペットボトルキャップの回収支援

ペットボトルキャップの流れは、皆様から回収されたペットボトルキャップは、「障碍者就労支援事業所LaLa柏」が回収し、これを「LaLa柏」の皆様が、キャップの中にあるプルタブ、アルミのキャップ等の異物と分別、これを粉砕します。これを「「キャップの貯金箱」推進ネットワ-ク」が、プラスチック原料として出荷します。この売却収益を「NPO法人「世界の子供にワクチンを日本委員会(JCV)に寄付しています。皆様の努力が、世界の子供達の医療支援の一助になっています。          

  「世界の子供にワクチンを」日本委員会      

3 交流・親睦


⑪ 全日本プロバス協議会・東日本ブロック交流会

  全日本PC協議会「総会」は偶数年に、奇数年には同「理事会」が実施されています。平成29年度理事会は、9月26日、奈良において、30年度総会は、11月28日、三重県四日市市にて実施される予定です。

 東日本ブロック交流会は、これまで実施されていた「関東ブロック交流会」が地域的に拡大したもので、平成28年9月5日に第1回が八王子で実施されました。(11クラブ約110名参加)。第2回は、平成29年11月28日、八王子エルシ-にて実施されました。(13クラブ、102名参加)

⑫ 近隣ロ-タリ-クラブ(RC)、プロバスクラブ(PC)との交流

近隣クラブとして、日野ロ-タリ-クラブ、飛火野ロ-タリ-クラブ、東京八王子プロバスクラブ、東京多摩プロバスクラブがあります。近隣RC ・PC の定例交流会は、ありませんが、プロバス年度当初の表敬訪問、例会参加、主要事業の開会式等各種催事への参加、年末年始等の親睦会などに相互参加しています。また、同じ目的を持つクラブであり、その運営要領、各種情報の交換等の相互協力が行われています。また、ゴルフ同好会は、近隣RC・PCとの定期合同コンペが定着しており、その交流は特に盛んです。

⑬ ゴルフ同好会

クラブの発足当初からゴルフ愛好者が多く、同好会メンバ-は会員の2/3に達します。毎年春と秋に懇親コンペを開催、今秋で12回目と順調に回を重ねています。

生みの親である2ロ-タリ-(日野と飛火野)と合同の日野3クラブ交流コンペは年3回、近隣プロバス(兄貴分の八王子と多摩)との交流コンペも年2回、幹事持ち回りで老齢化と戦いながら継続開催しています。

韓国済州島への遠征ゴルフもよい思い出です。それら詳報は「同好会」のファイルに載っていますので、ご高覧ください。              

⑭ P・P 同好会 (Probus Playing)

 P・P同好会は、会員相互の親睦を深めるため、27年度から企画されたました。第1回は、27年8月、高尾山ビアマウントで実施され、第2回は同10月神楽坂で”たいこもち”を楽しむ会が催されました。28年度は、東京丸の内舎見学、芸者遊びおもてなし体験等が企画されました。29年度は、部内事情により、一時休止ししていますが、30年度から再開する予定です。たまには、”ワイワイガヤガヤ楽しくいこうよ”をテ-マにした同好会です。これからも新企画に知恵を絞り、ますます、楽しい同好会を目指します。

⑮ 東京日野プロバスクラブ懇親会

定例の懇親会は年2回、8月の納涼例会と1月の新年例会です。またゴルフ同好会、地域支援の折などに併せ不定期に実施しています。

会社を離れ、仕事を引退した我々が、プロバスという「理想」によって集った新たな仲間達です。このクラブには定年はありません。命ある限り継続し、孤独になりがちな高齢者に活力を与え、人生最後の仲間となるメンバ-と語らい、笑い、泣き、充実した時間を過ごしています。


その他の活動:「プロバスたより」の編集、HPの維持管理、会員募集等