令和3年(2021)度 前期活動(7月1日~12月31日)

 

令和3年度(2021)前期予定/実績

7月15日(木)臨時総会緊急事態宣言により中止 

8月8日(日)全日本プロバス協議会 五所川原総会(中止 4/23)

9月18日(土)東京光の家チャリテイコンサ-ト

9月24日(金)日野3クラブ合同コンペ(河口湖CC])優勝黒沢会員、準優勝横山会員、3位小島会員(日野PC独占)

10月1日(金) 緊急事態宣言 解除

10月2日(土)ひのよさこい祭り(延期:時期別示)

10月15日(金)日野PCコンペ(長竹CC)

10月21日(木)令和3年度初の例会開催  部外参加:河合八王子PC会長、一ノ瀬 同交流担当、村田氏(例会見学)

11月18日(木)11月例会 高幡不動尊」杉田貫主 講話、村田博氏入会、 久保田氏(例会見学)

11月26日(金)日野プロバスクラブ創立功労者 安西 清 様 逝去

11月30日(火)社会福祉法人「夢ふうせん」支援金贈呈 澤田会長、大島幹事、林地域奉仕委員長、矢野会員

12月16日(木)12月例会 大坪日野市長 卓話 

1月20日(木)10周年記念式典/新年会 (ホテル エミシア/立川)例会17:00~ 式典~祝賀会18:00~   

 

 

 

 

 

 令和4年度(2022)

 11月24日(木)全日本プロバス協議会 第10回総会 13:30~19:30 京王プラザ八王子  

 

 

  

コロナによる例会中止月

元年度後期 2020年 3月、4月、5月、6月

2年度前期 2020年 8月、9月、12月

2年度後期 2021年 1月、2月、3月、5月、6月

3年度前期 2021年 7月、8月、9月

 

 

 入力体験 試験中 内容は自由に書き込んでみてください

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  2021出席表 (⇦ 現在入力試験中/ 村田会員作成の出席表)

 例会委員の方、入力してみてください。記録が残り、全員閲覧可能になります。

とりあえず入力体験をして、 使用法検討、フォ-マット検討、その他、入力担当委員会が

使いやすい形にしてから使おうと思います。

(現在の記入内容は実態とは無関係です。)

  pass: Line 「日野プロバスの会」の アナウンス(最上段)から

  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

これをもちまして令和3年度前期活動を終了いたします


12月例会 日野市 大坪市長 講演  12月16日

10月以降、例会は順調に行われています。今月は大坪日野市長の講演です。澤田会長挨拶の後、昼食に引き続き大坪日野市長の講演が行われました。内容はクラブ側の提案した ①コロナウイルス対策の現状と今後、②副市長問題についてについて行われました。コロナに関しては、6波に対する態勢整備、受信相談の流れ、追加接種(3回目)等について、副市長問題については、相互の主張、第3者調査委員会の結果、中傷パンフレットへの反論等詳細な説明がありました。その後、後藤一郎10周年式典実行委員長の最終報告、幹事報告等、誕生祝いが実施されました。

                        澤田会長 挨拶

                         大坪市長 講演

   10周年記念実行委員長 後藤一郎会員 挨拶              12月誕生祝い     後藤一郎会員 

    コロナ禍の中、4年1月20日 式典予定                               折笠正雄会員(欠席) 

                                                                                                                   大島芳幸会員 

 


(写真の表示等についてのご意見等ございましたら、「お問い合わせ」又は jsk0008g@gmail.com  までご一報ください。)

3年 日野プロバスクラブ 忘年会   12月10日 寿司政

12月10日(金)五加氏・村田氏の歓迎会兼クラブ忘年会が、「寿司政」において実施されました。本来はゴルフクラブ・麻雀クラブの合同忘年会でしたが、会員の希望もあり歓迎会・忘年会になりました。コロナ抑圧下の生活への反発も相まって予定時間を相当超えても話が全く尽きません。久々の気持ちの入った語らいに参加者十分満足、宴席の楽しさを久々に味わいました。

     主賓       村田 博 新会員           五加 治 (新?)会員  現例会委員長

⇑ クリックで拡大                                                                                    コンペ優勝  小島 会員


寿司政     042-591-1452

   寿司政オーナ- 折笠氏も

日野プロバスクラブの会員です。

 

 


今月のコラム(11月)   例会委員長 五加 治

                     昨年、日野プロバスクラブに入会したものの、詳しく私自身のことを紹介した事がないので自己紹介をしたいと思います。出身は静岡県藤枝市になります。ご存じの方も居られるでしょうが、藤枝市は街一丸でサッカーが盛んです。私も藤枝小学校、藤枝中学校、藤枝東高校とサッカー名門の出身です。決してサッカーが嫌いではなかったんですが、何故か全て野球部に所属しておりました。天邪鬼ではありません。当時藤枝市でも運動神経の良い人は先ず野球をやっており、次いでサッカーでした。しかし高校での野球は、精々3回戦程度で終わりました。

       18歳になって大学(中央)入学のため東京に出てきました。卒業後は40年間信販会社のアプラスに在籍し、東京支店を皮切りに、横浜・浜松・秋田・新潟・千葉・東京営業部・八王子・東京本部でカード部・営業推進部等で営業関連の仕事をしていました。日野市にはこの経歴の中で八王子支店が5年と一番長かった関係で、平成元年からシテイハイツ日野旭丘に住み着き現在に至ります。      

 日野市に来てから澤田会長と知り合い、自治会長であった澤田さんが転居してから、このシテイハ イツ日野旭丘自治

 会長を引き継ぎ23年間が経ちました。日野市に骨を埋めるつもりですので、今後ともご指導ご鞭撻をお願いいたし

 ます。

 


(写真の表示等についてのご意見等ございましたら、「お問い合わせ」又は jsk0008g@gmail.com  までご一報ください。)

社会福祉法人「夢ふうせん」支援金贈呈 11月30日

11月30日(火)社会福祉法人「夢ふうせん」に対し令和3年度支援金の贈呈が行われました。夢ふうせん側からは、高橋理事長、浅野施設長、プロバスクラブからは、澤田会長、大島幹事、林 地域奉仕委員長、矢野前会長の参加となりました。高橋理事長から、永年の日野プロバスクラブの支援に対し感謝の意を表されました。また新種のウイルスが報じられており、施設内も緊張感に包まれていました。

   矢野会員・林 地域奉仕委員長・大島幹事、澤田会長(日野PC)・ 高橋理事長・浅野施設長(夢ふうせん)

                澤田会長と高橋理事長のアクリル越し懇談


故 安西 清さんの死を悼む

初代東京日野プロバス会長 篠原昭雄

この度プロバス盟友 安西 清さんが亡くなられました。 安西さんの人柄や社会・地域への貢献などから惜しまれてなりません。

思い起こせば、安西さんとは、30年ほど前の日野市長選の折、私が「みんなで創ろう日野市民の会の会長」の時、当時民生委員や飛火野RC役員で恵まれない子供や家庭の世話をよくしていた安西さんとの出会いが親交を結ぶ契機でした。新市長誕生にに伴い何回となく日野市政を支える「市民フォーラム」を催しましたが、その推進は安西さんや水野功さんが共に見事に果たされました。

 

十年前、日野プロバス創立準備の時代は委員会の場として飛火野ロータリーの事務室を心よく使わせてくださいました。創立後は支援くださった日野・飛火野ロータリークラブの後藤会長と安西会長そして、水野功氏も加わり、また、後藤、安西氏はプロバスメンバ-に入られ、参与として、その運営を積極的に支えてくださったことも想い出深いことです。

安西さんは、気心の優しい誠実な人で、その人柄から仲間から信頼され、今日まで人との交流を通して地域のまとめ役として様々な貢献をされてこられました。 この度ご逝去されたことは誠に残念に思っています。

「安西さん、長い間有難うございました。そしてご苦労様」と謹んで追悼の言葉を申し上げます。

 


日野プロバスクラブ創立に尽力  安西 清 氏 11月26日 逝去

日野プロバスクラブ創立時、大変お世話になりました安西清 氏が11月26日ご逝去されました。開催が遅れていた創立10周年記念式典(令和4年1月予定)の招待状をお送りしたところの訃報となりました。謹んで安西清様のご冥福をお祈りいたします。

 

(安西清氏:飛火野ロータリークラブ元会長、日野プロバスクラブ初代参与、夢ふうせん元理事長)



11月例会 杉田 高幡不動尊 貫主  講話 11月18日

令和3年度2回目の例会が、11月18日(木)実施されました。会長挨拶、新入会員村田博氏の入会式、昼食に引き続き、杉田高幡不動貫主の講話、つづいて、幹事報告、各委員長報告等があり、山本会員の長寿祝い(傘寿80歳)渡辺 明会員の誕生祝いが行われました。

 

                  杉田 高幡不動尊貫主 講話

貫主が大切にしているものは ①嘘をつかない ②和顔愛語 を50歳の時にした入院の場を使って説明された。又在家の人にも適用される戒律 不殺生会、不偸盗会、不邪淫会、不飲酒戒等の概要を自分の生活体験~高幡不動尊内の勤務を通して説明された。貫主の明るい人間性を肌で感じられるお話でした。

      村田 新会員 挨拶        久保田氏 挨拶(例会見学)  誕生祝い 渡辺会員、山本会員/傘寿

 

※ 12月例会:日野市長講話 1月例会等:10周年式典 予定


今月のコラム(10月)      副幹事  保母錠治

 今回は、自己紹介を少しさせていただきます。住まいは三沢3丁目になります。10年ほど前になりますが地番変更があり、三沢5丁目となりました。高幡不動の裏手にあたり、多摩都市モノレール「程久保駅」が南側に臨める位置です。三井不動産の分譲で、「三井台住宅」といい、50年ほどのの歴史で550世帯程度の住宅地です。東南向きの斜面で、陽当たり、眺望は申し分ないのですが、何せ坂が厳しく、徒歩で帰宅するのは一苦労です。降雪の際は大事になります。皆さん除雪作業は速やかに済ませますが、高齢化が進み今後は心配です。

 最近は、新築建設が増える傾向が目立つようになりました。空地、空き家が改善されているように感じます。先日、庭側の2階建て住宅が新築のため取り壊されました。一気に庭側の視界が広がり、朝日が昇る様が見えるようになりました。雨戸を開けるのが私の役割となり、陽光をたくさん浴びることが出来ています。健康維持に効果があると聞き続けたいと思います。

 また、ここ数年のことですが、地域活動のお手伝いをしております。「三井台まちづくりプロジェクト」の代表を依頼され、活性化を目指し活動しております。日野プロバス、地域活動を通じ微力ながらお役に立てればと思っております。

今後とも、宜しくお願い申し上げます。

 


八王子PC囲碁クラブ 制限なしで再開  11月5日

八王子プロバスクラブ囲碁同好会の活動が制限なしで再開されました。まだ参加者はまだ少なかったですが、久しぶりの対局を楽しむことができました。 当クラブからは、後藤一郎会員、宮地会員が参加しています。

場 所:八王子市台町市民センタ-(第1・3金曜日13:00~17:00) 会 費:参加当日 500円のみ


澤田年度 初例会      10月21日(木)  高幡不動尊

3年度初、6ケ月振りの例会が実施されました。会長挨拶に続き矢野前会長挨拶、河合和郎八王子プロバス会長の挨拶・一ノ瀬渉外担当から、全日本プロバス協議会東京八王子大会の概要説明・協力依頼がありました。昼食の後、幹事報告、各委員長報告等の後、例会見学の村田博氏の紹介がありました。引き続き、澤田会長の長寿祝い、7月以降の誕生祝い12名が紹介されました。実質2年に及ぶコロナ禍ですが、当クラブはまだ無傷です。この状況が続くのを祈るばかりです。 

 



                      会長 挨拶   澤田研二会長

        矢野前会長 離任挨拶             司会(例会デビュ-) 五加 例会委員長

 

  全日本プロバス協議会東京八王子大会 説明・協力依頼 

  八王子プロバクラブ 河合 和郎 会長                 同  一ノ瀬 明 交流担当(大会実行委員長予定)

 

 

長寿祝い澤田会長  誕生祝い(7月~9月) 及び例会見学者

7月朝倉会員、小林会員、五加会員                   例会見学 村田博 氏

8月横山会員、小島会員     

9月澤田会員、魚住会員、本部会員

10月疋田会員、小倉会員(欠席)

(写真の表示等についてのご意見等ございましたら、「お問い合わせ」又は jsk0008g@gmail.com  までご一報ください。)


寄贈ストレッチャ 視察 10月19日 日野市立病院

10周年記念事業の一環として市民病院に対し、ナーシング・ストレッチャ-が寄贈されました。市の医療業務に貢献している状況を確認しました。参加者は、矢野前会長、澤田会長、大島幹事、林地域奉仕委員長の4名でした。

           大島 幹事 ・ 矢野 前会長 ・ 澤田 会長 ・ 林  地域奉仕委員長

  

昨年12月7日に実施された「ストレッチャ-」の寄贈  市役所‐市長室


八王子音楽芸術フェステイバル  「シニアダンデイ-ズ」(八王子PC)出演                          10月17日 J:COMホール八王子

10月17日(日)、JCOMホール八王子において、第71回八王子市民文化祭~音楽芸術フェステイバルが行われました。

八王子プロバスクラブのシニアダンデイ-ズが、文化祭実行委員会の推薦を受け出場です。シニアダンデイ-ズは、会員12名の男声合唱団で創立13年、平均年齢83歳という強者揃いです。出演者のトップで出演、立川冨美代さんの解説で、「汽車ポッポ」「いのちの歌」「大地讃頌」が披露されました。この年齢とは思えない張りのある歌声がホールに響き渡り感動的でした。続いて全日本で表彰された女子中学生のバイオリン演奏、マリンバ演奏、尺八、超絶技巧の琴演奏、ソプラノ独唱等、2時間しっかり楽しむことができました。皆さん全国的にも評価の高いもので音楽を堪能させていただきました。八王子市のレベルの高さにも脅かされます。来年も是非参加したいと思いました。


今月のコラム (9月)       幹事  大島芳幸

 自民党総裁選を経て衆議院選挙の話題がマスコミを賑わしております。プロバスクラブは政治・宗教色を排除しているとは申せやはり気にかかる状況です。この国の将来、地球温暖化や子供たちの将来に対し責任を負える政治であってほしいと切に願います。

コロナ禍で、外出が制限され」、体力が低下してフレイル化(虚弱)が心配されていますが、この「フレイル予防」に東京都医師会では、栄養・運動・社会参加の必要性を訴え、行政と取り組んでいます。プロバスの活動はまさに社会参加の最たるモデル   

です。会員の増強に勤めましょう。

 


緊急事態宣言 9月30日まで


愛のサウンドフェステイバル 2021 9月18日(土)

9月18日(土)2021光バンドチャリテイ-コンサ-ト「愛のサウンドフェステイバル」が、ひの煉瓦ホールにて開催されました。石渡理事長、澤田後援会会長(東京日野プロバスクラブ会長)、大坪日野市長のあいさつの後、チャンピオン、負けないで、若い広場等前後段併せて12曲が演奏されました。厳しいコロナ禍の中、台風14号通過という条件は最悪でしたが、煉瓦ホールは多くの観客であふれ、素晴らしい演奏会となりました。途中、日比谷野外音楽堂での演奏、富士森公園聖火リレ-式等、今回のオリンピック・パラリンピックへの協力状況、パラリンピック金メダルの紹介(日野市)、等々、今年は「オリンピック/パラリンピック」と光バンドの特別な年なんだと強く感じました。

 

                 澤田研二後援会長(日野プロバスクラブ会長) 挨拶

※ 撮影禁止の為過去写真を使用


「今月のコラム」(8月) 環境が発想を変える     副会長 宮地公平

 

「コロナに押され気味の活動に活力、新風を吹き込んで欲しい」澤田会長の指示のもと、クラブがコロナ禍にどう対処するかは、3年度理事の共通の課題です。現在すでに「プロバスだより」の各月発行、その他プロバスだより編集要領の抜本的改善、誕生祝いにおける「バースデ-カ-ド」の新設、例会中止時におけるニコニコワンコインの処理要領、会費徴収要領の検討、zoom研修会、Line/Zoom懇談会の開催等、試行中です。日野プロバスクラブの「対コロナ3年の歴史」を作っていこうではありませんか。

 会員の皆様、新しい発想提案等ございましたら宜しくお願い申し上げます。                


9月17日 例会       緊急事態宣言中~中止


8月15日 例会       緊急事態宣言中~中止


緊急事態宣 9/9 期間再延長  7/12 ~ 9/30 


緊急事態宣言 期間延長 7/12 ~ 9/12


7月巻頭言 澤田研二 会長

東京日野プロバスクラブは7月から新年度がスタ-トしました。しかし残念ながら7月15日の例会は新型コロナウイルス感染拡大により第4回緊急事態宣言が7月12日からとの発表に伴い中止といたしました。毎月第3木曜日の例会に向け第2木曜日は理事会を行いその最終準備をしています。以前も例会場として借用の高幡不動尊が緊急事態宣言発令の時安全第一を掲げ、会議場閉鎖をしていましたので、今回の対応を確認した折、今回も従来同様の策を取る。但し8月は状況見極めてから決定するとのことでした。

◆ 7月例会中止で臨時総会は書面で

7月例会は、実施前提で準備してきましたが、急遽中止の為臨時総会は書面へと切り替え、会員の皆さんのご理解をご協力を願うこととしました。また新年度に向けてのクラブの活動方針を確認しましたが、新型コロナウイルスが日本に上陸して3年を迎えようとしている状況下で未だいつ終息するかの予測もない中ですが、とにかく「無理せず楽しく」の基本を忘れることなく、たとえ例会が中止になっても「日野プロバスたより」だけは毎月発行し、会員同士の繋がりを大切にしていこう、との確認をしました。編集を担当する情報委員長からは「巻頭言」をスタ-トにして掲げていきたいので、第1号は会長からとの要請をいただき記載してみました。

◆ 巻頭言とはーーー

よく目にする言葉ですが、雑誌などの最初のページにのせ、その雑誌の立場・主張を表す文章のことですが、可能なら会員皆さんのからの投稿で、コロナに押され気味の活動に活力・新風を吹き込んで欲しい。

たどり来て、未だ山麓ーーー

たどり着いたのは頂点ではなく、山登りで言えば山の麓でしかないとの意味ですが、「されど10年」日野PCも数々の山谷をみんなの力で乗り越え10年の節目を迎え超えました。山頂はまだまだ先ですが此れからさらに躍進するクラブでありたいと願っています。

 

‐-----------------------------------------------------

備考:山本英次 情報委員長の提案により、プロバスだよりに「巻頭言」・「今月のコラム」として、全理事の発言の場を新設することとなりました。


例 会 7月15日     緊急事態宣言~中止


     緊急事態宣言  東 京 : 7月12日~8月31日


令和3年度 日野プロバスクラブ  澤田研二 会長  着任挨拶

 

スロ-ガン

    喜べば、喜び事が 喜んで 喜び集めて 喜びに来る

方 針

1 コロナ禍の収束状況を見極めながら、安全で無理のないクラブ活動を目指す。

2 当初の計画から3年越しとなっている「創立十周年記念行事」は年度内で終結 

  する。

3 クラブの目標は、「喜びと、楽しさと、穏やかに」とし、この3点を一体化し

  て無理のない活動を行う。

 現 況

昨年2月から日本に上陸した、新型コロナウイルスの猛威は未だ衰える兆しは全くなく、むしろ今後も更なる猛威が心配される。これまでも様々なところで図りしれないほどの影響をもたらしている。当クラブに於いても、毎月の「例会」や各委員会が企画した行事がことごとく中止になってしまっている。令和元年度の「例会」は後半4回が中止、令和2年度も8回の「例会」が中止となっている。そして、各委員会の諸企画、諸行事もほとんど中止という実態です。

コロナ禍に種々の実態をそれぞれの単位でみても

① 日野市の感染者11,500人を突破(6月1日)

② 日本の感染者74万6000人超(6月1日)

③ 米国の感染者3,300万人突破し、死者も59.5万人(6月1日)

④ 世界の感染者1億7,000万人、死者の数も360万人

 以上の実態であり、加えて経済面でも多大な影響をもたらしている。

最新の報道によると、2020年度のGDPが2008年のリーマンショックを上回るマイナス4.6%(記録上最悪)加えて、2021年度の1ー3月期は前期比1.3%減で年換算率で5.1%と戦後最悪の予想である。このような予想を踏まえ日野プロバスクラブのメンバ-としてコロナに「かからない」「移さない」を合言葉にして2021(令和3)年度の日野プロバスクラブの目標である「喜び・楽しさ・穏やか」の三点が一体となるような活動で、クラブの活性化を実現したいと思います。

 

                         令和3年度 日野プロバスクラブ会長 澤田研二

 


令和3年(2021)度前期活動3年7月開始⇑


( 写真の表示等についてのご意見等ございましたら、「お問い合わせ」、又はsk0008g@gmail.com  までご一報ください。)